メルマガバックナンバー【Vol.58】(2017年9月28日発行)

このメールマガジンは、以前弊社のメンバーが名刺を交換させていただいた皆様に
お送りしています。
今後、キューブ・インテグレーション株式会社からのメールマガジンがご不要の方
は、本メールの末尾のアドレスまでお問い合わせください。
【2017/09/28発行】
□■-------------------------------------------------------------------------------------------------------□■
          キューブメルマガ/第58号
□■-------------------------------------------------------------------------------------------------------□■
健康経営の視点からみたメンタルヘルス
送信元:キューブ・インテグレーション株式会社
_____________________________________
■目次■
_____________________________________
 1.【CUBE NEWS】
 2. 今月のコラム
_____________________________________
1.【CUBE NEWS】
_____________________________________
この度、企業の人事担当者の皆様にお集まりいただき、以下の定期勉強会及び
個別相談会を開催することといたしました。  
1. 
  【テーマ】人事責任者/担当者向け メンタルヘルス対応困難ケース 個別相談会 
  【開催日時】2017年10月13日(金)
       相談枠:①15:30~16:30 ②16:30~17:30 
2. 
【テーマ】メンタル不調 対応困難ケース 問題解決セミナー  
     ~もう同じことを繰り返さないために必要なこと~ 
【開催日時】2017年10月20日(金)15:30~17:00 (受付開始15:10)   
詳細はhttp://www.cubeintegration.com/ニュース/勉強会/ にてご覧ください。
 
参加を希望される方は、info@cubeintegration.comに下記項目と併せてご返信ください。 
・御社名 
・お名前 
・ご連絡先 
・セミナー名、または相談枠 
_____________________________________
2. 今月のコラム「健康経営の視点からみたメンタルヘルス」
_____________________________________
 近年、「健康経営」という概念が提唱され、注目されるようになってきました。
健康経営とは、従業員の健康保持・増進の取り組みが、将来的に収益性等を高める
投資であるという考えの下、従業員の健康管理を経営的な視点から考えて、戦略的
に取り組むことを指します
 その考えに基づき、従業員の健康が生産性に及ぼすインパクトについて、様々な
研究がなされています。
 ここでは特に、「アブセンティーズム」「プレゼンティーズム」が生産性に及ぼ
す影響についてみていきます。
 アブセンティーズムとは、「病欠や病気休業している状態」のことを指します。
プレゼンティーズムとは、「何等かの疾患や症状を抱えながら出勤し、業務遂行や
労働生産性の低下を招いている状態」を指す用語です。
 プレゼンティーズムは風邪などの感染性疾患やアレルギー、高血圧、生活習慣病
など、幅広く影響しており、慢性疾患を抱えている方だけではなく、日常の「ちょ
っとした調子の悪さ」も含まれます。プレゼンティーズムが「何等かの具合の悪さ
はあるけれど働ける状態」であることを考えると、誰もが日ごろから感じることが
あり、特別なことではないといえます。
 一般に、プレゼンティーズムによる労働損失コストのほうが、アブセンティーズ
ムによる労働損失コストを大きく上回っているといわれています。
 プレゼンティーズムの中でも、メンタルヘルス不調関連を調査したある研究では、
「腰痛・首の痛み」「抑うつや不安といった気分症状」「慢性頭痛」「胃腸の障害」
「不眠」など、うつ症状を併発する可能性のある5つの状態について、年代、性別ご
とに分析しています。
 この結果の中で、男女共に全ての年代が最も就労に影響している健康状態を「腰痛
・首の痛み」と回答していることからも、日常の「ちょっとした調子の悪さ」が就労
に大きく影響している、ということが示唆されます。
 また、過去4週間の労働損失にかかる損失を金額で換算した“労働損失額”では、「抑
うつや不安といった気分症状」によるインパクトが大きいことが示されています。
 特に男性では、40代・50代の「抑うつや不安といった気分症状」が約113千円、約
102千円と最もインパクトが大きく、女性では20代から50代の全ての年齢層で「抑う
つや不安といった気分症状」のインパクトが大きく、金額で換算すると平均約71千円
の労働損失であることが示されています。 
 このようにメンタルヘルスに関連する症状や状態は、生産性に及ぼす影響が大きい
ことがわかります。
 また経産省の「健康経営オフィスレポート」によると、プレゼンティーズム解消の
中でも、特にメンタルヘルス不調の予防・改善と関連のある「(オフィス環境の物理
的な)快適性を感じる」「(職場内の)コミュニケーション」「(各自の)健康意識
を高める」ことを誘発する環境づくりが望ましいことが示唆されています。
 したがって、プレゼンティーズムは日ごろの環境づくりから改善されることも多い
といえます。まずは、日常のオフィス環境や職場のコミュニケーション、食生活や生
活リズム、セルフケアなど各自の健康意識がバランスよくとられているかどうか、改
めて確認したいところです。
※:NPO法人健康経営研究会の定義による
<主な引用・参照文献>
経済産業省ヘルスケア産業課.企業の「健康投資」ガイドブック. 2014
経済産業省. 健康経営オフィスレポート.2016
Koji Wada, Mikako Arakida.The Economic Impact of Loss of Performance Due to Absenteeism 
and Presenteeism Caused by Depressive Symptoms and Comorbid Health Conditions among 
Japanese Workers. Industrial Health 2013; 51:482-489
(コラボレーター 伊東あづさ)
================================================================
●配信停止/登録に関するお問い合わせ info@cubeintegration.com 
●編集:キューブ・インテグレーション株式会社
●ホームページ http://www.cubeintegration.com/
●本メールは等幅フォントで最適にご覧頂けます。
●本メールマガジンの記事の無断転載を禁じます。
 Copyright(C) 2017 Cube Integration Co., Ltd. All Rights Reserved.
================================================================